« Orang Pendek と Orang Dalam | トップページ | ジョヨボヨの予言 - Jangka Jayabaya - Jayabaya's Prophecy - »

2009年5月25日 (月)

ネイチャーランド・オム 23-24 May. 2009

5月23~24日は道志のネイチャーランド・オムへ行ってきました。チェロキーのお友だち、だ~くさんのご一家と現地で合流です。

自宅を5:25に出発したら、どっこも渋滞無しで、7:00にはオムに到着してしまいました。もちろん受付はまだ開いていません。

いったん場内まで登って、サイトを物色。金曜から来場されている方もなく、がら~んとした場内。今回は、だ~くさんもランステを張るので、前回の「中沢台」では狭いのではと考え、「白樺広場」に決定して受付へもどりました。

釣り竿をお借りして、岩風呂を予約して、再びサイトへ。先に設営してだ~くさんの到着を待ちました。

見ての通り、クルマもおそろい、幕体もおそろいでした。
でも中身はちょっと違って、ウチのインナーはアメド、だ~くさんのインナーは今回からランブリ4です...............ちょっとうらやまし..............。

「白樺広場」です。4~5家族くらいまで対応できそうです。
今回もランステ+アメドのインナーです。
「白樺広場」からは沢へ降りられます。
沢の横には前回は無かった立派なバーベQハウスが出来ていました。
沢で遊んだRei-kunは予想通りの状況になって戻ってきました。
おしりペンペン。「や~め~て~!」
朝は曇りだったんですが、暑くなってきました。
もう夏模様です。
だ~くさん登場。素早く設営。
Saya-chanひさしぶり~。大きくなった....。
お昼はだ~くさんのタコスとMamaのソト・バソ(インドネシアの肉団子スープ)。その後、マス釣り。
だ~くさんは竿持参。いずれRei-kunに釣りご教授下さい。
つれたよ!
今回はオムの「岩風呂」を予約しました。家族単位で30分貸し切りです。
内部はこんな感じ。森を見渡せます。
「岩風呂」の横には「かやぶき民家」
サイトに戻って夕飯の準備です。だ~くさんはダッジでラムチョップ。ウチはサテ・アヤム(インドネシア風焼き鳥)で。釣ったさかなも塩焼き、ホイル焼きにしました。
サテ焼いてます。子供達は焼き鳥大好き、どんどん食べます。
日が長くなりました、7時をすぎてようやく暗くなって来ました。........このあと突然の豪雨が.....。
夕べはおもいっきり降りました。翌朝は小雨模様。朝の散歩、場内を散策。
「マス池」から「白樺広場」を望む。
場内のあちこちにかわいい看板があります。
「白樺広場」は砂ジャリで水はけがよく、水たまりはありません。
Saya-chanもおきてきて、かわいい赤ずきん。
今回はRei-kunおにいちゃんです。(まんざらでもない様子。)
小雨を見計らって撤収。
帰りはすぐ近くの「水源の森」へ寄って。
おそばを食べます。
前回はここの釣り堀でマス釣りました。おそばと野菜天ぷら美味しかったです。
おつかれさまでした。またごいっしょしましょう。

「白樺広場」は前回使用した「中沢台」よりフラットで下も砂ジャリでペグの効きいいです。沢もマス池も目の届く範囲にあるので、お子さん連れの方には適していると思います。

オムには野性的なサイトからファミリー向けのサイトまで様々な表情のサイトがあるので、これからもまた季節を変えて来てみたいと思います。

毎年朝霧方面で定評のあるだ~くさんのタコスはやはりおいしかったです。夜のラムチョップもやわらくて...。翌朝はポテトを焼いていただき、Rei-kun大満足。重ね重ねごちそうさまでした。Mamaのソト・バソもルンダンもおいしかったよ!サテはウチのキャンプの定番になりそう。

今回はかつてない「くいだおれ」キャンプでした。


ネイチャーランド・オム 「白樺広場」 (3回目) 自宅(品川区)から86km

また行きたい度:★★★★★ (さらに好印象でまた行きたい度UPしました。)

2回目 20-21 Jul. 2008 「中沢台」上段サイト
1回目 28-29 Jun. 2008 「中沢台」中段サイト

今回の支出
キャンプ場大人\600x2,子供\400,テント\1,000,クルマ\1,000合計\3,600
ガソリン190km 7.2km/L = 26.4L \124(ハイオク)合計\3,274
高速道路中央道(永福-相模湖)\950+(相模湖-高井戸)\750合計\1,700
釣り貸し竿\300,ニジマス\300x3匹合計\1,200
岩風呂大人\400x2,子供\200 合計\1,000
総計\10,774

往路 : 山手通>井の頭通>永福IC>相模湖IC>県76>国413
05:25自宅(品川区)発 
05:45永福IC通過自宅から 00:20
06:20相模湖IC通過自宅から 00:55
07:00オム着自宅から 01:35 相模湖ICから 00:40
復路 : 国413>県76>相模湖IC>高井戸IC>国20>井の頭通>山手通
12:35オム発 
12:40水源の森着昼食
13:25水源の森発昼食 00:45
14:05相模湖IC通過オムから 00:40
15:10自宅(品川区)着オムから 01:50


大きな地図で見る




お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

|

« Orang Pendek と Orang Dalam | トップページ | ジョヨボヨの予言 - Jangka Jayabaya - Jayabaya's Prophecy - »

コメント

こんばんは!
どうも、お疲れ様でした。
いや~~、実に充実したキャンプでした。
ゆっくりと川の音を聞きながらの食事、楽しい会話、途中から雨でしたが
それはそれで、楽しめました。
キャンプ場も、ここ近年のベスト1と言うほど、我が家では評判良く、次
回もまた、オムに行きたいといっています。
改めて、良いキャンプ場をご紹介頂きまして有難うございました。

それと、美味しいインドネシアの郷土料理、どれも美味しくて私には色々
と発見があり、これまた充実したお料理でした。
(今回、準備時間不足で、品数、内容とも乏しい内容で申し訳けないです)
特に、スマトラ風激辛牛肉煮込み料理の「ルンダン」が気にいっちゃいま
した。今度、ゆっくりとお時間ある時にご教授下さい。


*雨の日の後は・・・にコメント有難うございました。


投稿: だ~く | 2009年5月25日 (月) 18時12分

だ~くさんコメントありがとうございます。
こちらこそごちそうさまでした。
>品数、内容とも乏しい内容で...
なんてとんでもない。タコスもラムチョップもポテトも美味しかったですよぉ。
今回のキャンプは「くいだおれ」キャンプと命名したいほどでした。
ラムはダッチでやるからあんなに柔らかくなるんでしょうか?
Mamaもインドネシアの料理を味わって頂いてうれしかったと申しております。
今度はもっと辛いの持ってくと申しております。ので、ご覚悟のほどを......。

投稿: romo | 2009年5月25日 (月) 18時44分

こんにちは!
>ラムはダッチでやるからあんなに柔らかくなるんでしょうか?
あれは・・・・・・漬け汁にコーラを入れるのです。
コーラの甘味料と炭酸が作用して、肉を柔らかくするそうです。
これは「伊藤家の食卓」でやっていた裏技です。

>今度はもっと辛いの持ってくと申しております。ので、ご覚悟のほどを......。
Σ(゚д゚lll)ワォ ! どうぞ、お手柔らかにお願い致します。(人><。)


遅ればせながら、私のブログにも記事をUpしましたので、お時間あれば覗いて見て下さい。

投稿: だ~く | 2009年5月26日 (火) 12時26分

 こんばんは^^
拝見しましたよ~!!
良い感じですね、「オム」
それに、食い倒れキャンプ!!
いつかご一緒出来たらいいですね~

 

投稿: レオママ | 2009年5月28日 (木) 21時33分

レオママさんコメントありがとうございます。
是非とも緑と白に加えて赤チェロキーも並べてキャンプしましょう。
9月恒例の朝霧なんかもよろしければご参加下さい。(サッカーとかぶらなければ....。)
「くいだおれ」のあとは+1kgでした。ワタシもMamaもカロリー摂取をひかえる今週です。
レオママさんもダイエットがんばって下さい。

投稿: romo | 2009年5月29日 (金) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Orang Pendek と Orang Dalam | トップページ | ジョヨボヨの予言 - Jangka Jayabaya - Jayabaya's Prophecy - »