« 輪廻 - Penitisan = Reincarnation - 不思議 | トップページ | 中津川でデイキャンプ 4 May.2008 »

2008年4月28日 (月)

まほらまワイルドキャンプ場 25-27 Apr.2008

4月25日、伊豆修善寺のまほらまワイルドキャンプ場へ行ってきました。
Rei-kunを幼稚園へ迎えに行ってそのままキャンプ場へ向かいました。
キャンプ場の手前の別荘地へ曲がってしまい、かなりのタイムロス。
到着は17:10になってしまいました。

ゴルフ場のネットが見えたら右に曲がります。(N34 57 30.9 E138 57 23.4)
左に小さい湖を通り過ぎてゴルフコース脇に出たところに右に入る道がありますが、ここは直進します。 (N34 57 01.3 E138 57 22.3)
しばらく道なりに行くとゴルフコースを正面にしたT字路に突き当たります。ここを右折します。(N34 56 59.5 E138 57 34.1)
すぐにこの看板が正面に見えてきます。(N34 56 48.9 E138 57 42.5) ここからも入れますが、受付はここを右折して最初を左折です。

管理棟は...、いうよりもオーナーさんのお宅はの場所は (N34 56 46.5 E138 57 44.4) です。
本業は畜産のようです。予約すれば翌朝コロッケや鶏の唐揚げなど用意してくれるそうです。
また、場内で拾ったというりっぱな鹿の角を見せてもらいました。
鹿は毎日のように来るそうです。たまにイノシシも現れるとか....。文字通りワイルド。
オートバイのグループがソロテントを3つ張っていただけで、他に来場者はなし。
炊事棟に近いフラットなところを選びました。
この日は日没も迫っていたので急いで設営して、簡単に夕食を済ませて焚き火もせずに休みました。
夜は鹿の鳴き声が割と近くから聞こえました。


翌26日はあいにく降り出しそうな曇り空でしたが、早朝05:00からRei-kunに促されて場内探検です。

サイト割はあるにはありますが、ロープや植え込みなどは無いので、空いていればフリーサイト状態です。
炊事棟前から向かいの森を望む。ここがいいかなっと思ったのですが、炊事棟が近すぎるので遠慮しました。
サイト割はよく分からないのですが、U字溝からU字溝までだとしたらかなり広いです。
奥に向かって上り坂になっています。
途中こんなフラットな場所もあります。
ここもいい感じですが、土が露出してて残念。
サイト脇の林道を散策。鹿の声が聞こえます。
一番奥の場所です。いい感じですが、炊事棟とトイレは遠いです。
ここからは多少眺望もあります。
一番奥のサイトからサイト脇の林道方向。
谷の方へ行ってみます。
斜面ですが、こんな林間にコンパクトに設営しても楽しいかも。
場内の道まで戻ってきました。
こんな感じの道です。
バーベQ棟を望む。
入口の方からマイサイト。
オートバイのグループの方々は朝早く出発されました。
入口から左手には大きな八重桜の木が。
この木の下に設営するのもいいかも....。実はこの背面30mほどにオーナーさんのお宅があります。
逆から見るとこんな感じ。
マイサイトからバーベQ棟方向
バーベQ棟
下草はこのくらいの密度です。
炊事棟です。
鹿が来るのでネットがかぶせてあります。
お湯は出ません。
生ゴミは捨てられますが、それ以外はお持ち帰りです。
トイレ棟です。
サイトから1段下がったところにあって視界に入りません。
きれいでした。
和式水洗です。

全体的な雰囲気は戸隠に似ていますが、戸隠ほど広くはありません。
たぶん戸隠イースタンキャンプ場くらいの広さで、木が低いのでイースタンより明るい印象です。


場内図を作って見ました。(別ウインドウで開きます。)図中の矢印をクリックするとそこから撮った写真が観られます。

朝食後は西伊豆の海を目指してドライブ。途中興味のあったキャンプ場で寄り道。
「達磨山高原キャンプ場」です。管理人さんは快く中を見せてくれました。

苦手な区画サイトでした。
酷使されたのか芝が禿げてます。
掃除が行き届いていてきれいでした。
サイトの広さはビミョーに違います。
このサイトからの眺望はサイコーでした。眼下に戸田の漁港が見えます。
残念ながら曇天ですが、晴れていれば富士山まで見えるかも。
ただし山の尾根なので風は強いです。
ここが気に入ったのですが、一番奥なのでトイレは遠いです。
ちゃんと芝が生えていれば.....。
水場です。

戸田漁港へ向かう途中の絶景ポイントで寄り道。

知らずに止まったのですが、悲しい物語がありました。
かわいい観音様です。
卒塔婆もありました。
絶景スポットへ。
目の見えないゴゼさんが絶景ポイントに導いてくれました。

波静かな戸田の湾内でRei-kunおおよろこび。

ナライの風。今晩雨かなぁ。
ハコフグのミイラ
海水浴シーズンにはコレを浮かべるんでしょう....。

修善寺温泉へ戻って、筥湯(はこゆ)へ行ってきました。
いい温泉ですが、シャンプーもボディーソープも無いので持参する必要があります。
持って行かなかったのでトホホでした。

14:00頃にはサイトに戻って、雨も降って来たので、お昼寝をしました。

一番フラットな場所を選びました。向こうには谷をはさんで森が広がっています。
今回はランドステーションとアメニティドームです。
こんな感じで張りました。
アメドは曲がってるので開口部をぴったり合わせるのは難しいです。
変則的な出入り口。
26日の晩は焚き火で焼き肉しました。
「美しい」と自己満足。
これもケロシンで....。円筒状の物体は新規投入したコーヒーミルです。

26日の晩は豪雨に見舞われました。今回はランドステーション雨漏れ無し!
27日の朝には日も差し出して、すっかり乾かして撤収できました。
ゆうべあれだけ降ったのに、サイトのそば20mほどのところに形のはっきりした鹿の糞が....
鹿はいつ来たんだろう?

幸い日曜日の朝は晴れました。
晴れるとサイトの印象も違います。
新緑が気持ちいいです。
最初に設営しようと思った炊事棟前。
撤収完了!

今回ウチを含めて25日に2組、26日も2組み、という状況でした。相当のキャパシティがあるので、
トップシーズン以外は予約無しでもまず大丈夫でしょう。
サイト状態は草地で、一応区画はありますが、空いていればフリーサイト同様です。
今回豪雨に見舞われましたが、翌朝はほとんど水たまりはありませんでした。かなり水はけは良いです。
イン・アウト時間もオーナーさんのご迷惑にならない範囲なら多少の早い遅いはだいじょうぶそうです。
所要時間は東名東京ICから迷った時間を除けば1時間50分ほどでした。
オーナーさんご家族に「また来ます。」っと挨拶して「まほらまワイルドキャンプ場」をあとにしました。

三島といえば
この店なんです。

高速に乗る前に、三島の名所に寄っておなかいっぱいになってから帰りました。


まほらまワイルドキャンプ場 (石井畜産)
静岡県伊豆市加殿1131-107 0558-72-4505
N34 56 46 E138 57 44
また行きたい度:★★★★★

大きな地図で見る




お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

|

« 輪廻 - Penitisan = Reincarnation - 不思議 | トップページ | 中津川でデイキャンプ 4 May.2008 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 輪廻 - Penitisan = Reincarnation - 不思議 | トップページ | 中津川でデイキャンプ 4 May.2008 »