« インドネシア料理 | トップページ | インドネシア料理 »

2006年7月10日 (月)

ウェルキャンプ西丹沢 7-9 Jun.2006

初めてのテント泊はウェルキャンプ西丹沢でした。金曜日は幼稚園の参観日。14時ごろ幼稚園から直行しました。

1時間ちょっとで到着。前回の道志よりすごく近いです。

誰もいなかったのでBゾーンの真ん中あたり、木の下に陣取りました。16時くらいから設営を開始。道志で試し張りしてたのでリビシェルとアメニティとキッチンやテーブル全部あわせても1.5時間ほどで設営できました。

夜になっても誰も来なくて、(バンガローには宿泊客があったようですが)深夜はちょっと寂しかったです。少し雨も降りました。(Mamaは「太鼓や笛の祭囃子が聞こえた。」と言ってましたが....たぶん川の音と鹿の鳴き声だと信じたい...。)

土曜日は沢山のキャンパーがやってきました。川沿いから埋まっていきます。なんでみんな木陰に張らないのだろう?思ったのですが....。

日が昇って暑くなったら、僕らの木陰サイトは1cmほどの木の実(つぶれて紫色の汁をだす)と5cmほどの緑色の毛虫が落ちてきます。新品のリビングシェルに紫のシミが....!

撤収のときは雨に降られました。初回からいろいろ経験させられました!

場内に温泉があってよかったのですが、夜間当直されていた方は日本語がちょっと...。お風呂に入れる時間がわからず困ったです。

7_9jun2006_017_9jun2006_027_9jun2006_037_9jun2006_04


また行きたい度:★★★ WebPage




お詫びとお願い

2011年3月11日から1年半の間、ブログを公開することで、結果的に関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を奨励していたことを反省して、お詫びするとともに、ここにたどり着かれた方々にあらためて「お願い」をする次第です。

◎ 低線量長期被曝の子供たちへの影響と、関東甲信越・南東北の本当の汚染状況に関してご自身で情報収集して下さい。

◎ チェルノブイリから数十Km離れた避難地域で事故からすでに四半世紀経過した今おこっていることを直視して下さい。

◎ 子供たちの将来の健康をなによりも優先にして下さい。


これは2011年3月11日以前の楽しかった我が家のアウトドア活動の記録です。ワタシはRei-kunが大人になるまで、関東甲信越・南東北でのアウトドア活動を行いません。

できましたら こちら にも目を通して頂ければ幸いです。
2012年8月末日
romo


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

|

« インドネシア料理 | トップページ | インドネシア料理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドネシア料理 | トップページ | インドネシア料理 »